こんな会社は、い・ら・な・い!

無責任・隠蔽体質、嘘つきピノキオ達の行動学

全米が驚いた、味方なのか?それとも敵なのか?・・・!

 はじまりは、先輩T氏が有料職業紹介所へ「配膳人への暴行について」質問状を持って乗り込んだ。配膳人から常備配膳人になりそして有料職業紹介所の社員に登用された有料職業紹介所の専務Y氏は常備配膳人時代、部長Kへは配膳会時代に権限を盾に配膳人を殴る蹴るの暴行をしている。当事者の専務T氏、総務部長A氏と先輩T氏3人で話し合われ、後日「そのような報告はありませんでした。」と暴行のあるなしではなく報告のあるなしにすり替えた苦し紛れの理解できない回答が返ってきた。専務と部長の暴行についてまともな回答と対応をすることはなかった。

 私は、ホテルの配膳人の労働環境の実態(暴行、嫌がらせ、さぼり、押し付け、時間稼ぎ、恫喝)と法令違反について質問状として労務部に提出した。だが、半年間何の連絡もなく放置され催促の末やっと回答がきた。労務部部長H氏からは「昔のことだから・・」という言葉と名前を伏せているため事実確認ができないという回答だった。

ーー当事者に聞いて真実を認めるはずがない、それを問いただしてどうなるというのだろうか。だからこそ当事者以外(配膳人)にアンケートなどで実態把握して環境改善をお願いをしたのだ。ーー時間がかかると手間を惜しむ全くやる気を見せない否定的な反応だった。質問から回答までの時間の長さをみても配膳人の労働環境など意に介していないのだろう。そんなことはないというなら、リスク管理と問題解決能力の欠如と言わざるを得ない。

 そこでやむなく詳細を提出した。詳細を提出してかえってきた答えは「今度、何かあったら、支配人K氏、常備配膳人H氏に相談してください。わたしからお二人には言っておきます。」・・・・当事者に私のこと言ってどうするのだろう、映画のストーリーによくある信頼できる味方が実は敵の内通者だったという映画を思い出した。

 労働基準法を無視するホテルの労務に期待するほうがおかしいと言うかもしれない、だが、ここしか窓口がないのだから。

 そして、ついに・・・二人に、常備配膳人の魔の手が忍び寄る・・・

               --つづく--

 

 

噂を信じちゃいけないよ♪もうどうにもとまらない♪

 ホテルと有料職業紹介所の二人三脚の労働基準法違反は終わりを告げた!

 しかし、噂が静かに静かに広まっていた。都合の悪い人間が通報者は誰々だと・・・、駄目な会社の典型的なパターンだ。

 ある日、後輩に「冨田さんが、ヘルプラインに言ったんじゃないんですか?」そこで初めて私がヘルプラインの通報者だと噂が広がっていることに気が付いた。ただもう一人、私の先輩T氏も通報者だと噂されていた。休憩が取れるようになったにもかかわらず「ありがとうございます。」とお礼を言われたことはない。

 その後、リーダーの中の上の人間たちが驚く言動を繰り返す。

 リーダーH氏はデイリーたちが集まっているところで「おいっ!誰かよー。ヘルプラインに通報したやつがいるらしいぞっ!休憩の分時給を引かれると、そいつ大変なことになるぞっ!」と通報者をまるで悪者扱い、あるときは「これで6時間以上働けなくなるぞっ。」と休憩をとると収入が減るという不安を煽り、リーダーI氏は「支配人に謝って、元に戻してもらえっ!」と休憩を放棄する嘆願をさせようとする言動があった。

 その日は私と先輩T氏は就業時間が4時間だったが休憩を与えられていた。終業時間までは15分ほどあり手待ち時間だったが宴会責任者のキャプテン(社員の方)に「もう上がっていいよ。」と指示され宴会場をあとにした。配膳会事務所に戻る途中、リーダーH氏が追いかけてきて「おい、おいっ!なんだよっ!、今日休憩を行かせたんだよなっ?お前らデイリーがよぉ、休憩なんか主張しやがってよぉ!」と他の従業員がいる廊下でいきなり怒鳴ってきた。**大切なことなのでもう一度書く、勝手に休憩して勝手に帰ったわけではない、宴会責任者の判断と指示だ!**

 またある日、リーダーI氏が担当する宴会で仕事をしているとき、ちょっと話があるとリーダH氏に呼び出された。「あまり休憩のことを言うと時給下げられるぞ、リーダーも時給下げられると恨むぜっ!」と言われた。なぜわざわざ呼び出されてまで言われたかちょっとした心当たりがある。数日前に、支配人S氏の近くで後輩に休憩のことについて説明していたのだ。あくまで推測だが、想像を膨らませてほしいストーリーがつながるように。ここまでくると「どうにもとまらない♪」状態だ。

 

   なぜ、そこまでしてデイリーに休憩を取らせたくないのだろうか?

   なぜ、ヘルプライン通報とわかったのか?

   これは追及に値する。

 

 ホテルと有料職業紹介所の二人三脚の労働基準法違反は終わりを告げた!

 その後、・・・人には我慢の限度というものが・・・

            --つづくーー

 youtu.be

 

 

こんにちは、初めまして「45分休憩」さん!

 ドラッカーのいう顧客の創造をまったくしない。そして増収が見込めないため利益をかさ上げするしかなかったとみられる。ローコストオペレーション、少人数ホテルオぺレーションと言う名の経費削減に取り組んでいく。そこで日々紹介のデイリーの人件費が真っ先に標的になった。意図的に休憩を与えないで休憩分を働かすことのできる出勤時間のオーダーが有料職業紹介所の協力のもと、“組織的”な不正は何年もそれが正しいことのようにまかり通った。一つの宴会に対してのデイリーの人員は減らされる一方で、仕事量が減ることはなく負担が増える一方だった。この会社には改善というものは全く存在しない。誰が考えたアイデアなのか?非正規の無知を利用した「意地汚い」「卑しい」行為だ。

 リーダーたちは危機感がなくデイリーに指示するだけで、人員が減らされたにもかかわらず宴会中でも裏動線(バックヤード)で椅子に座り煙草を吸ったり、携帯をいじりながらさぼり放題、ときに居眠りまでする始末。仕事を早く終わらせて経費を削減しようという考えが全くない、むしろ逆に自分の手取りを増やすためにやらないでもいい仕事を指示し時間稼ぎをする始末。これがまたデイリーの人件費にしわ寄せとして返ってくる。

 そして、結果として社員たちは賞与にありつけリーダーたちは臨時の一時金、デイリーは労働基準法を無視され少ない人数で休憩なし「労働のすばらしさ」という褒美が渡された。

 ここまで書けば、何が必要か?何が不要か?理解できるだろう。

 ベテランのデイリーたちは裏で不平不満を口にしていた、休憩も与えられず大学生が洗い場の機械が出す蒸気のなかで額に汗を垂らしながらお皿を下げていた。裏動線ではリーダーたちが椅子に座って楽しくおしゃべり。この現場を見て以来、これでは下の者が腐ってしまう何とかしてやらなければと決意する。

 あるとき突然、「申し訳ありません」という言葉もなく何もなかったように開業以来40数年の時を経て、「45分という休憩」が現れた。その引き金はヘルプライン通報によるものと、噂が広がっていった。

 しかし、これが大変なことに・・・通報者を探せ!・・・・

               ---つづくーーー

奴隷に休憩はいらない!

 ここのホテルの配膳人への休憩は特殊で、出勤時間1130迄ならお昼に30分、お昼から1630迄なら夕方に30食事休憩として与えられ休憩時間に対しても時給が支払われている(理由は後述)そして、宴会開始時間の2時間前(早入り)と1時間前(遅入り)の2段階出勤とされ30分刻みで、ホテル内にある有料職業紹介所の出張所にオーダーされる。これによって法で定められている休憩時間より少ない時もあるが多い時もあったことから、さほど気にするほどではなかった。

 それは突然、ホテルの意図を持って現れた「1145」と「1645」の出勤時間だ。

 すぐにホテルの意図が理解できた。当時ホテルの宴会は年々減少していた。15分出勤時間を遅くすることで休憩を与えなくてよくなる、その休憩時間分を働かせれば人件費削減できるからだ。まさしく「こき使う」とう言葉がふさわしい。この結果、労働時間が6時間を超えても休憩なし、8時間を超えても30分の休憩ということが何年も続くことになる。ここで忘れてはならないことは数多くの大学生・高校生が配膳人として働いていることだ。このずる賢い頭は、ホテルの宴会増加策には使えないらしい。

 ここで誰もが疑問に思っただろう、人材を供給する有料職業紹介所はそれについておかしと言わなかったのか?配膳人の労働環境など気にする気もなかったのというのが本音である。というのはホテルの総支配人および宴会部部長の役職になると同時に有料職業紹介所の取締役に就任するからである。そして常備配膳人さえもデイリーに休憩を取らす手間が省けると喜んでいた。

 配膳人は誰に?どこに?相談すれば労働環境を良くしてくれるのか教えてほしい。

 ホテルの親会社である電鉄の立派なグループ理念がある「つながりあうすべての人に誠実であり・・・」である。物には誠実にする必要がない。

 

        非正規雇用は、正規雇用のための使い捨ての道具。

         ならば、道具は丁寧に扱わなければならない。

     そして、あなたの持ち物でないことを理解しなければならない。

        人が人を所有することは奴隷制度と言われている。

 

 そして、・・・突然、「45分」が現れる・・・

               -つづく-

 

f:id:uohuoagni:20161122040020j:plain

 

 

 

 

日々紹介の配膳人の社会保険および年次有給休暇について(その2)

 他のホテルで配膳人の社会保険未加入がニュースになり、慌てて社会保険加入の説明会が行われた。

 加えて以前から交渉していた有給休暇についての説明がなされた。今回、社会保険加入対象者にだけ有給休暇を付与することだった。大切なことなので、もう一度書くが社会保険加入条件と有給休暇付与条件は全く違う基準である。そして、あろうことか有給休暇は1年分しか与えないということだった。つまり有給休暇の未取得の時効2年を無視しようとした。。

(録音)

「有給休暇の権利の時効は2年のはずですが、1年と誰が決めたのですか?」と質問した。労務部部長H氏曰く「社長が、決めました!」

労働基準監督署に聞いたのですが、もし私が1年分の有給を取得して2年目の有給を申請し、給与にそれが反映されていなければ労働基準法になりますよ!」

「それは、私たちに説明しているのですね?」

「はい!」

 そんな説明をわざわざしたのには理由がある。説明したことにより労務は法律を認識したことになり後々知りませんでしたと言わせないためだ。そして、社長S氏の言葉が法律より優先し、社長の承認がいることに驚いた。そんなやりとりが続き、ホテルは検討すると説明会が終わった。

 それから一週間ぐらいして、仕事が早く終わったので労務に内線で伝えた。

「仕事が早く終わったので、今から労働基準監督署に一緒に行って聞きませんか?そのほうが早いでしょう。」

「もう少し待ってください、冨田さん・・・」電話に出たU氏にはかわいそうなことをしたが。

 その一週間後、有給休暇未取得の時効2年分が付与されることとなった。ただ、比例付与については問題が残るままだった。

 余談だが、ここのホテルの有給取得理由欄には「私事の為」では書き直しを求められる「私事都合により」と記載しなければならない。有給の申請理由は書かなくていいのを知らないのだろうか?まったく馬鹿馬鹿しいことばかり押し付けてくる。

 しかし、この後・・・休憩時間が与えられない事態に・・・

               -つづくー

 

 

 

日々紹介の配膳人の社会保険および年次有給休暇について(その1)

 大先輩F氏がホテルに交渉して、そろそろデイリーも有給休暇をもらわないかと声をかけられ何も迷うことはなく一つ返事で同意した。まず大先輩が会社に交渉し私は配膳会に有給休暇の権利が発生しているはずだと主張した。

 そして会社からの回答を待っていたそんな矢先に、第一ホテル東京で常用状態だった配膳人の社会保険未加入が発覚しニュースになった。ここもご多分に漏れず未加入であった。公になるのを恐れたホテルはすぐさま社会保険が適用される配膳人に対して説明会を開くこととなった。

 説明会に備え、いくつかの労働基準局に労働の実態を説明し有給休暇について相談をした。いくつかの労働基準局に相談したのは労働基準局ごとに見解の違いがないことを確認したかったからだ。当然のごとく見解の一致を見たのは言うまでもない。そしてもう一つホテルに逃げ道がないことを確認することができた。

 説明会当日、ホテル側は労務部部長H氏、U氏(当時の役職不明)K氏(当時の役職不明)が説明にあたった。私と先輩T氏が前列に座り説明を聴いた。後々の言った言わないの水掛け論を避けるため、テープレコーダーでやりとりを録音した。

 まず、申し訳ないという言葉もなく上から目線でいきなり加入云々の話が始まった。説明は出勤日数が年200日(社会保険制度参照)を超える配膳人を社会保険に加入させる。抱き合わせで社会保険加入者に対して有給休暇を付与すると説明された。ここで詳しくは書かないが本来、社会保険加入条件と有給休暇付与条件は全く違う基準であることを強調しておく。

 説明が終わり一つ質問をしてみた。なぜ?開業以来社会保険が未加入だったのか?・・・労務曰く、デイリーは流動的で常用的に働いていることを把握できなかったと・・・この答えに対して反証してみる。

  1. 常備配膳人は日々紹介の配膳人から選ばれる。経験の浅い不慣れな配膳人からわざわざ選ぶわけがないし、選べるわけがない。
  2. 宴会支配人は、名前を呼べるほど常用的に働いていることを知っている。支配人から実態を把握できるはずである。
  3. H12年にホテルに配膳人を供給していた有料職業紹介所を3社から同グループの1社だけにし、他の2社の常用状態の配膳人らに宴会支配人S氏より移籍について説明がなされた。(のちに移籍に対して裁判になる)

その場しのぎの情けない言い訳に呆れて果て、問いただすことはしなかった。

 しかし、この後・・・思いもよらぬ・・・!

                 -つづくー

 

f:id:uohuoagni:20161114233813p:plain

現代の奴隷制度!

 世の中にはあまり知られていないが、ホテルの宴会は時季により必要人数の増減があり、これに対応すべく日々紹介というかたちで配膳人を斡旋する有料職業紹介所なるものが存在する。ホテル業界では当たり前のことである。

 ただ、非正規の日々紹介といえど十年、二十年と同一のホテルに紹介され生活をしている配膳人は少なくない。

 ここで問題になるのは、有料職業紹介所の対応である。「求人者には、そのご希望に適合する求職者の紹介に努めます」と建前では掲げているが、有料職業紹介所の機嫌を損ねると日々紹介であるがため仕事を紹介しなくなる。それは言い換えれば生活不安を利用し配膳人を意のままにコントロールすることができることを意味する。暴行を受けても、嫌がらせされても、罵倒されても、セクハラされても配膳人は生活不安をちらつかされ服従し公になることはまずない隠蔽されるのである。加えて、労働基準法違反にさえ声をあげることができない。

 また、日々紹介の配膳人たち(以下デイリー)は日々紹介の配膳人から常備または専任として一定の雇用を保障された雇用契約を結ぶ常備配膳人たち(以下、リーダー)の指揮命令下で仕事を行っている。いわゆる宴会を仕切る配膳人が存在するのである。ここでも、デイリーたちはリーダーの機嫌を損ねると宴会を終わるのを待たずに帰されたり、暴行を受けたり、常識では考えられないような理不尽なことをされることがある。建前としてはサービスの能力に問題があるとして「あいつを入れるな!」と有料職業紹介所を介して生活不安を利用し配膳人のコントロールができることになる。

 なぜ、リーダーたちが有料職業紹介所にそんな権限をもつのか?不思議に思うかもしれない。実はホテルの中にある有料職業紹介所の出張所(以下、配膳会)からデイリーを手配する社員は、現場を知るリーダから社員登用されているからである。ようは、先輩後輩の仲間である。

 もう、察しの良い人はここで気づくだろう。ずる賢い人間がこの制度を悪用すると、奴隷制度が出来上がる・・・その証拠にデイリーを発注することを「〇人、買う!」という言葉を躊躇うことなく当たり前のように使っている。

 それを知らず奴隷契約書にサインをしてしまうのである。

 仕事を手伝って欲しいので、「あなたの奥さん、娘さんを二人買いました。」

言われた気分はどうですか?

               ーつづくー

 

f:id:uohuoagni:20161116080639p:plain

           

 

f:id:uohuoagni:20161113050527j:plain